アサナ

頭立ちのポーズ(ヘッドスタンド)のやり方と効果 できない場合のコツ

投稿日:

 

 

頭で立つポーズを毎日3時間練習すれば その人は時間を超越する

ヨガ・タットワ・ウパニシャッド

 

”アサナ(ポーズ)の王様"といわれるのがこの頭立ちのポーズです。

通称、「ヘッド・スタンド」。

サンスクリット語では「シルシャ・アサナ」。

頭立ちのポーズは、多くの病気の万能薬と言われています。

シバナンダ・ヨガでのベーシック・セッションでは、太陽礼拝の後、12のポーズのいちばん最初に行うポーズで、体と心に最も強力に聞くポーズです。

ポーズをできるようになるまで少しの強さと練習が必要です。

ポイントは、心の強さと恐れを克服すること、そして必ずできると信じることです。

 

なんだか元気がでない、やる気がおきない、気分が落ち込む。。。

そんなときは、あれこれ悩まずに、まず体を逆転させてゆったり呼吸しましょう。

大丈夫だよって、体が心に囁いてくれますよ。。。

みんな、がんばれ^^

 

頭立ちのポーズのやり方

 

頭立ちのポーズは8つのステップでポーズに入ります。

 

*チャイルドポーズ(正座で額を床に置く)から、両手でそれぞれの肘を掴み、そのまま肩の下の床に置きます。

肩幅の広さに肘を床に置くことがポイント。

 

*肘を動かさないで、手の指を組み合わせて床に置きます。

肘から下の手で、床に正三角形になるように。

 

*額(毛の生え際のあたり)を床につけて、後頭部をつないでいる両手の手の平に当てます。

 

*頭と肘を動かさないように、膝を伸ばしてお尻をあげます。

体重の多くを肘に乗せてしっかり安定させます。

 

*膝を伸ばしたまま、つま先で頭のほうにちょんちょんと歩いてきます。

頭に足が近づき、背中がまっすぐになるまで、つまり背骨が頭の上で一直線になるまで歩いてきます。

 

*ゆっくり足を床から離し、膝を曲げて、腿を状態に近づけます。

こうすることで、お尻が頭の真上にきます。

この状態で少しバランスをとり、背中をまっすぐにしておきます。

 

*両足を曲げたまま、ゆっくりお尻を伸ばし、膝を上へあげていきます。

お尻が、伸ばされていく蝶番になるようなイメージを持つとやりやすいでしょう。

 

*ゆっくり膝を伸ばし、上体が一直線になります。

体重を肘に乗せて、ゆっくりと深い呼吸をします。

 

最初はできる範囲で30秒まで伸ばしていき、最長で15分まで伸ばします。

理想的な時間は1日5分から10分です。

体重の8割くらいを肘に乗せておき、呼吸をスムーズにリズミカルにすることがポイントです。

 

戻るときは、8つのステップを逆からたどり降りていきます。

ポーズをほどいたら、チャイルドポーズでリラックスしましょう。

 

頭立ちのポーズをやってはいけない人

 

高血圧の人

緑内障、白内障、目の手術をした人

4か月以上の妊婦さん

首を怪我した人

深刻な鼻つまり、頭痛、喘息のある人

 

上記の人は先生と相談するか、医師に聞いてからにしましょう。

頭立ちのポーズに年齢の上限はありません。

体が丈夫なかぎり、いくつになってもできるポーズです!

 

頭立ちのポーズができないという人へ

 

ポーズをとってしまえば、とてもリラックスできて楽なポーズなんです。

できるまでが。。

 

頭立ちのポーズのコツ

 

できるまでバランスの練習が必要です。

最初は誰かに支えてもらうか、壁を背にして練習しましょう。

(私もそれでできるようになりました)

そして肘から下の両手で、床に正三角形をつくり、しっかりと床につけておきます。

これがポーズの土台になりますから。

繰り返しますが、体重の8割くらいは肘に置きます。

頭に体重を乗せすぎるとバランスを崩しやすいです。

 

頭立ちのポーズのポイント

 

*上体を逆さまに持ち上げるとき、ぴょんと飛ぶようにしないで、バランスをとりながらゆっくりとポーズに入りましょう。

 

*両手の指を組み合わせたとき、床に置く方(手刀の方)の小指を内側に持ってきて、両手の手刀がしっかりと床につくようにします。

 

*額を床につけていたり、頭頂をつけている人がいますが、正しくは頭頂と額の中間のところ、毛の生え際のところを床につけます。

 

*ポーズを開放したら、急に立ち上がらないで、チャイルドポーズでリラックスします。

 

頭立ちのポーズの効果

 

頭立ちのポーズの肉体への効果

 

*頭立ちのポーズは心臓を休ませ、体を逆転させて、重力から解放することで、足先まで十分な血液が通うようになり、静脈が心臓に戻ってくるのを助けます。

*定期的に練習することで、呼吸と心臓の鼓動がゆっくりとなります。

これは呼吸器系と循環器系が丈夫になったということです。

*頭立ちのポーズで深い呼吸をすると、脳の酸素供給量が増え、脳、背骨、交感神経に栄養のある血液を十分に送れるようになります。

*脳がたくさんの栄養と酸素と血液の供給を受け、機能が向上します。

*神経障害、目、耳、鼻、喉の各症状が改善されます。

*腎臓結石、便秘にも特効があります。

*胃下垂、精神疾患、肝臓疾患の人にはほんとうにおすすめのポーズです。

*毛細血管が緩められます。

*頸椎、胸椎が強くなり、腰、仙骨が緩められ、腰痛が改善します。

 

頭立ちのポーズの心への効果

 

*精神と感情のコントロールができるようになり、マインドは落ち着いてきます。

*記憶力と知的能力が向上します。

*集中力が増し、学生さん、政治家、芸術家、科学者、作家などの仕事を助けます。

*精神疾患を軽減します。

(ただし病院に通っている人は、医師に相談してから)

*自信がつき、共感が増します。

*落ち着きがまし、「地に足をつける感じ」を養います。

*性的なエネルギーが脳のエネルギーとして使われます。

*不安、自信のなさをなくします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-アサナ

Copyright© ヨーガは世界を救う , 2018 All Rights Reserved.